ヒゲ脱毛でスッキリしたい

ヒゲ脱毛の仕組みと効果について


ヒゲ脱毛の仕組みと効果について

一般的に体毛の脱毛には、レーザーまたはフラッシュが使用されます。光の熱で体毛とその根元にある毛母組織とを弱らせていくという方法でおこなわれるのです。しかし男性のヒゲに関しては、それらの方法ではあまり効果が期待できません。なぜならヒゲは、他の体毛と比べると毛母細胞が皮膚の奥深くにあるからです。肌表面に光を照射しても、その熱が届きにくいわけです。そのためヒゲ脱毛には、プローブという電気針が使用されます。1ミリ以下という極めて細い針を毛穴の中に刺し込み、直接毛母細胞に針の先端が触れている状態で微弱な電気を流すのです。そうすることで、毛母細胞は電気の熱で焼かれて、ヒゲを生やす力を失います。するとその毛穴からは、もうヒゲが生えなくなります。この方法は、どれほど濃くて太いヒゲでも有効です。しかも毛穴ひとつひとつに施術していくため、全ての毛穴を処理することもできれば、あえて部分的に残すことも可能です。つまりヒゲのデザインを自由に決めることができるわけです。さらに脱毛効果は半永久的に続きます。そのためヒゲ脱毛は、非常に人気があります。